2010年02月02日

法的決着発言「例えばの話」=官房長官、社民幹事長に釈明(時事通信)

 社民党の重野安正幹事長は29日、首相官邸で平野博文官房長官に会い、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐる同長官の一連の発言について真意をただした。出席者によると、平野氏は土地の強制収用の可能性を「一般論としてはある」と否定しなかったことに関して、「例えばの話をしたのであって、自分の意思を込めて言ったつもりはない」と述べ、理解を求めた。
 平野氏は「(同県名護市長選の結果を)斟酌(しんしゃく)しなければいけない理由はない」とした発言についても、「真意ではない。民意を尊重するのは当然だ」と釈明。これに対し、重野氏は「誤解を与える発言はよろしくない。言葉を選んで正確に伝えないと(いけない)」と苦言を呈した。 

【関連ニュース】
普天間、14年返還目指す=鳩山首相
普天間、閣内の溝鮮明に=現行計画、選択肢か否かで
「斟酌理由ない」に抗議=官房長官、民意尊重と釈明
「徳之島」報告受けた=松野副長官
「信じて」発言、誤解与えた=鳩山首相

2人死亡事故で懲役14年=危険運転致死、初の裁判員裁判−千葉地裁(時事通信)
犯行後の検証写真など示す=秋葉原無差別殺傷−東京地裁(時事通信)
雑記帳 大井川鉄道で「受験生応援SL」運行 静岡・島田(毎日新聞)
【郵便不正事件】弁護側冒頭陳述要旨(産経新聞)
公立病院の経営改善事例集を公表―総務省(医療介護CBニュース)
posted by コマイ カズヒロ at 13:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。